合理的な意思決定は時代遅れ

 

パラダイムが大きく転換して、今までのやり方では対応できない会社が増えて、そこにスタートアップ企業が目を付けて参入している時代を迎えている。

今までの延長線上のやり方に+α を加えて、有効化する考え方が求められる。必要なのは、社会の変化、ビジネス動向に自分なりの見解があること。

合理的な意思決定に直感的な意思決定も加味した「価値合理性」がトレンドに!そもそも、合理的な意思決定は、功利的になる傾向が高いので、目的合理性だけを追求すると経営目標は逆算されてしまう。

そうなると、短期的な成長は担保されるが長期的な成長が見込めない。しかし、現代は、予測不能な時代である。どうなるかは、誰にも予測できない。

目に見えている要素だけで判断したり決めてしまうのは危険だ。逆算して計算づくで正解を求める競争が不確実な創造性の時代に、人を短期的な逆算型功利性へと導いているのではないか?

長期的な成長を目指すには、直感的な意思決定が有効だとすると、アダマール(数学者)が言うように、脳の感情予測機能を強化するには、使えば使うほど精度が高まるという理論が参考になりそうだ。もちろん、検証が必要になる。。

 

 

企業風土と業績の関連性

今後、成長予感がする会社の特長

  1. 経営陣が、どんな会社にしたいのか具体的にイメージしている
  2. 社員が社長室に出入りできる(風通しの良い会社)
  3. キャリア形成が、自律的
  4. 社員が力を発揮できる組織

 

これから成長予感がする社員イメージ

  1. 自分に希少性がある(社外でも通用する)
  2. 自分のキャリアを各フェーズでデザインしている(未来デザインも)
  3. 情報処理力の他、情報編集力がある(他の人を納得させられる仮説)
  4. 主体的に自分のジョブデザインを持っている(自己投資ースキル開発)

 

 

 

会社を選んだのか、仕事を選んだのか

就職で失敗しない方法(会社の見分け方)

  1. 自分が成長できる会社か?
  2. 今の会社にいて、3年後、5年後に成長予感がするか?
  3. 序列(職務タイトル)と役割(仕事の内容)は柔軟?それとも固定的?

自律性の高い会社 VS 権威傾斜の高い会社

社員が力を発揮  VS マシンのように働く

思考・自主性  VS  思考停止、忖度

 

自律性の高い会社に共通している特徴は・・・・

  1. 会社に、より優位性のある事業提案ができる組織風土がある
  2. 力を発揮する組織のカタチがある
  3. 社員にも考える権限を与えている(What→How→Do→反復)
  4. 会社全体でPDCAを検証している組織

 

成長予感しない会社の特徴・・・・

社長・役員が、お客さまの状況を正確に把握できていないまま・・・

  1. 一部の上層部・・・Whatを検討
  2. 中間管理職・・・・Howに分解
  3. 社員・・・・・・・DOするだけ
  4. 検証できない組織、失敗すると全ては無能な社員が悪い

 

1. 保険 先進医療から除外 白内障 

<1-1. 白内障治療を考えている保険加入者は注意が必要!>

生命保険(医療保険)の「先進医療特約」については、現時点では、厚生労働省が「白内障手術」を「先進医療」として認めているのですが、2020年4月以降、先進医療制度の対象から外す方針です。

さて、白内障の手術は、どのような手術なのか簡単に言うと、自分の眼のレンズを人工レンズへ交換する手術です。

この人工レンズには、先進医療の対象になる多焦点レンズ、先進医療対象にならない多焦点レンズがありますので、医師と相談して治療方法を選択します。

現在、先進医療特約を契約している場合、先進医療特約を契約していない場合に分けて、今後のメリットなりデメリットについては、次号以降でご紹介します。

1-2. 保険 先進医療から除外 白内障 

<1-2. 生命保険等で先進医療特約に加入している方!>

 多焦点眼内レンズで白内障手術を現在考えられている方は、2020年3月までに先進医療認定施設(病院)で手術を検討されたほうが良いかもしれません。

『多焦点レンズ』には、いくつか種類がありますが、一般的に自由診療で35~60万円程度の費用がかかります。そのうち認可されているものは先進医療の対象となります。

保険等で『先進医療特約』を付加されている方は、保険給付を受けることにより、自己負担を少なくして手術を受けられるのでメリットがあります。

なお、主治医に相談して治療方法を選択してください。給付が費用の全額または一部の場合がありますので、各自でご確認ください。

1-3. 保険 先進医療から除外 白内障 

<1-3. 生命保険等で先進医療特約に加入していない方!>

2019年12月13日、厚生労働省中医協総会において「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は、2020年4月から先進医療の対象から除外し、「選定療養」とすることが決まりました。

なお、生命保険等で先進医療特約に加入していない場合で、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を検討されている方は、2020年4月以降に多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を相談するほうが良いかも!!

なぜなら、現在は先進医療制度により白内障手術の価格が比較的高額に設定されているので、今後、白内障手術が先進医療から外れると、各医療機関が競争して価格が低下する可能性が高まるからです。

どちらにしても、主治医に相談して治療方法を選択してください。

6. 保険を利用した節税にSTOP!!税制変更

新規に法人が保険契約しても全額損金処理ができない!!

まず、保険を「販売する側」と「購入する側」のインセンティブの一致と不一致について整理してみます。

<保険に加入する動機>

目的:(表)企業防衛 (裏)節税

商品選択:メリットの高い商品

メリット:課税の繰り延べ

 心配事:「最高返戻率の時期」と「企業の資金需要の時期」は同じ?

 

<保険を販売する動機>

目的:(表)顧客ニーズを満たす (裏)手数料収入

商品選択:メリットの高い商品

メリット:販売手数料の高い商品を販売できれば収益増大

 心配事:手数料が開示されたら、どうしよう??